変形性膝関節症はリハビリが大事!

 『膝の水を抜くと癖になるから抜きたくない。 』

膝に痛みがあり水が溜まっている患者さんから 良く聞かれる言葉ですが、決してそんなことはありません。

そもそも水が溜まるということは、膝の関節内で何らかのストレスがかかっているということ。その状態で水を抜いたとしてもそのストレスを無くさないことには、再度水が溜まってしまいます。

水を抜くことは決して悪いわけではありません。水を抜くことで膝は確実に楽になると思います。ただそれはあくまで対症療法としてであり、水を溜めないためにはその後のリハビリ、つまり根本的な原因の解決が大事になってきます。

その何らかのストレスというものが何なのか。筋力不足なのか、歩き方なのか。可動域(例えば足首)なのか、バッグの持ち方の様な日常生活での癖なのかを評価して、それに対するアプローチが必要になります。

『そもそも痛いのに運動していいの? 』

『どんな運動をすればいいの?』 

そんなこともよく耳にします。 

大丈夫です。やれることはたくさんあります。患者さんの膝の状態や体力に合わせてリハビリを行っていきますので安心してください。 

upload.jpg

膝の痛みなくスポーツをしたい。ウォーキングをしたい。山へ登りたい。家事をしたい。 とにかく痛みをとりたい。

そんな方は是非familiaへお越しください!